男の人

やる気スイッチで苦手分野を克服しよう|マンツーマンで学べる

偏差値と勉強方法

タブレットを持つ女の子

偏差値を上げる方法

中学受験で最も重要なことは偏差値を高めることです。偏差値を高めるには勉強法をしっかりと確立する必要があります。それはどのようなものかというと、家庭での繰り返し学習がメインになります。塾に通って勉強することも大切なことですが、その塾で学んだことをしっかりと定着させるには家庭での反復練習が鍵になります。それというのも、塾にいる時間よりも家でいる時間の方が長いので、せっかくのその時間を有効活用することが大切です。そして、家庭での学習はその日に習ったことの復習です。人間の記憶力を維持するには復習が最も効果的なので、これは理屈にかなった勉強法と言っても過言ではありません。こうした勉強法を使って中学受験に臨みましょう。

勉強方法の確立

学校や塾で勉強してもそれがその日のうちに身につくことを保証するものではありません。そのため、塾に通うだけでは偏差値は上がらないのです。ここがよく誤解されるところです。塾に行けば自動的に偏差値が上がるわけではありません。もちろん、授業で中学受験を突破するのに必要な知識や問題処理能力を教示してくれます。しかしながら、それらがこどもに定着するかどうかは、こども自身の復習にかかっているのです。実際に偏差値の高い子供を調査したら塾での勉強時間よりも家庭での復習に時間をかけていることがほとんどです。中学受験で勉強法を確立することができれば、高校どころか大学までスムーズにすすむことができます。